2009年03月23日

お客様の喜ぶ顔が見たくて!

弊社では、工事竣工挨拶を担当者と私でご挨拶に寄せてもらっています。

一昨日、御影の築30年木造住宅1F部分の全面改装をさせて頂いたお客様を訪問させて頂きました。

ご主人、奥様とも笑顔で迎えてくれ大変喜んでくれました。
リフォームして良かった、今度は2Fを頼むね・・・お客様の一言で涙が出そうになりました。

この言葉を頂きたい為に、25年リフォーム業を続けているのだと感じる瞬間です。

ありがとうございます。




posted by yumeyamori at 14:04| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

雨漏れの発生しやすい部位

雨漏れと言うと、真っ先に思い浮かべるのは屋根ですよね。
しかし雨漏れ発生部位bPは、壁なんです。屋根の約3倍もあります。
驚きました! 

実は、屋根からの漏水箇所は概ね決まってまして棟・谷間の水切り、奥付(壁との取り合い)ですが、壁の場合は、窓廻り、ベランダの手すり・土間、軒などです、壁の場合漏水し易い部位が多くあるからだと思います。
雨漏れが家に悪影響を与えることは昨日お話しした通です。 
やはり定期に点検(体の検診と同じ)することが大切です。

ジャ〜どこに点検頼むの?ですが、何となく屋根からの雨漏れなら屋根さんに依頼するのが正しいように思われますが、
私の考えは違います。

雨漏れの改修は、漏水原因・不具合状況(下地、仕上げ材)を確認して改修工法を検討することが必要です。よって建築士・リフォーム専門業者に依頼し工法も含めた検討をすることです。

雨漏れの改修は、高度な技能を要することを覚えておいてください。

posted by yumeyamori at 10:47| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

湿気が大好きな白蟻、木食い虫!

昨日からの続き
白蟻のことを少し話しましたが、私の自宅に数日前キクイ虫が出ました、エ〜と驚きました。正直我家に出るとは信じがたい!
なぜなら高気密高断熱の家を建てさらに防腐処理した木材を使用したので白蟻やキクイ虫とは無縁と思っていました。甘かったです。
キクイ虫は、フローリング・木質化粧材にくっ付いていたのだと思います。キクイ虫は木の表面付近から食べるので掃除している時などに発見できます。床や、壁に針で刺したような細い穴そこから木の粉が吹き出ます。早急に駆除します。
皆さんも白蟻・キクイ虫の被害が無いように定期点検(1〜2年)してください。ちなみに我家のキクイ虫は、奥さんと子供が気づきました。
posted by yumeyamori at 09:22| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

リフォーム業者の選び方2

昨日からの続き
ポイント@〜Dは、リフォーム業者であれば当たり前に出来ているはずですが現実は出来ていない業者があると言う事です。私はこのポイントを標準装備と言っています。リフォームをしたいと考えている場合、まずは、この標準装備がきちっとしているかの確認をすることです。 次にあなたが考えているリフォームの想いを担当者にぶつけること、不安に思っていることなど全てを担当者と話し合ってください。担当者が一生懸命やってくれる人なのかの判断をしてください。もう一つ大切なことは、担当者が建築(リフォーム経験)スキルを持っているのかも判断基準にしてください。なぜならあなたのリフォームへの想いをカタチにして頂かなくてはいけないからです。
質問など待ってます。
posted by yumeyamori at 13:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

リフォーム業者の選び方

お客様アンケートでリフォームする時に何を重要視しますか?の問いかけでのアンケート結果をみますと、良い業者を探すにはどうすればよいか?リフォームしたいけれど、どこに頼めばよいか悩んでいる。が必ず上位に来ます。リフォームを成功させる為の一番のポイントはやはり良い業者を見つける。良い担当者と出会う。だと思います。
一昨年悪徳リフォーム詐欺事件が発覚してからですが、行政も悪徳業者を排除しようと努力しているところではありますが、では良いリフォーム業者を探し出すにはどうすればよいでしょうか?
ポイント
 @ 建設業登録、建築士事務所登録されているか。
 A 建築士、資格者が在籍しているか。
 B 依頼するリフォーム工事の経験があるか。(工事実績)
 C 工事管理責任者がいるか。(資格者)
 D 工事保証、アフターサービス体制。
 *続きは、後日・・・ 
posted by yumeyamori at 13:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

リフォーム工事手抜きの見極め

リフォーム工事の手抜き工事判断基準?と問われた場合、正直言って返事に困りますが、仕上げ工事(クロス、塗装の仕上がり不備など)を見てこんな工事をするのだからこれは手抜き工事だと判断したくなります。確かに現場管理者が仕上げ工事の管理を怠った事は確かなので手抜きと思われても仕方が無いと思います。業者の怠慢です。
しかしこの判断は、正確な判断ではありません。
私の思う手抜き工事は、皆さんの判断とは少し違います。
仕上げは、あくまでも表面部分なので張り替えれば済むことです。
問題なのはその奥の部分下地にあります。(勿論あなたも承知のことではあります)この部分のチェックをしているかどうかです。
リフォーム工事を依頼する業者に下地工事の状況写真など撮ってもらう、またはあなた自身で写真を撮って記録することです。
要するに工事が完了してからでは、解からないと言うことです。
しかし仕上がりを見ての判断は、目安になるとは思いますが!
リフォーム工事を依頼する前に業者さんの内容、技量を念入りに調べて依頼してください。
posted by yumeyamori at 10:12| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

リフォームの手抜き工事とは?

手抜き工事とか、この床の傷はひどいから張り替えてと言います。
手抜き工事か手抜きではないのか?
判断基準は、部位によって違うと思います。
あくまでも工事が終わってから見てキズがあるから、クロスのジョイントが目立つからだけでは手抜きとはいえません。
一度皆で考えて頂きたい。
次回は手抜き工事の判断基準を考えたいと思います。
               
posted by yumeyamori at 14:19| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする